主催公演・イベント

  • 主催公演

2019年09月23日(月・祝)

さきらアトリウムコンサート vol.104

びわこのーと ヴァイオリン&ヴィオラ デュオコンサート



さきらアトリウムコンサートvol.104は、ヴァイオリンとヴィオラデュオの“びわこのーと”が登場します。
京都で作り上げられた楽器の音色、そして河本さんによるお話をお楽しみください。

【プログラム】
・琵琶湖周航歌
・千の風になって
・モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 K.423より ほか
※プログラムは変更する場合がございます。ご了承ください。

公演概要

開催日
2019年09月23日(月・祝)
時間
12:00~13:00(予定)
会場
アトリウム
料金
鑑賞無料
主催
栗東芸術文化会館さきら
企画制作
トールツリー(株式会社ケイミックスパブリックビジネス)

出演者プロフィール

びわこのーと

2010年より「地域の皆様と音楽のある暮らしを」という目標を掲げて滋賀県大津市で活動開始。
コンサート会場で行われるコンサートに足を運べなかったり、きっかけがなかったり……、でも生の音楽に楽しく触れていただきたいとヴァイオリンの河本学がお話をしながら、ヴィオラ・高村明代との二重奏でコンサートを進行するスタイル。
これまでに滋賀・京都・広島・名古屋・岩手などで演奏をお届けしている。京都市にヴァイオリン工房を構える天野年員氏の2019年製のヴァイオリン、ヴィオラを演奏している。

ヴァイオリンとお話し:河本 学(かわもと まなぶ)

高槻で生まれ、広島、東京、京都と移り住み、2001年から大津市民。
現在ヴァイオリンを弾き、指導を行いながら、滋賀の魅力を伝え、繊維筋痛症を完治させようと取り組んでいる。広島音楽高校卒業、東京音楽大学出身。

ヴィオラ:高村 明代(たかむら あきよ)

東京都立芸術高等学校を経て、東京藝術大学卒業。京都市交響楽団副首席ヴィオラ奏者。名古屋に生まれ、鎌倉、福岡、東京で育ち、京響入団の2000年京都へ。翌年から大津市で暮らしている。弦楽アンサンブルMusica14.8メンバー。

お問い合わせ

栗東芸術文化会館さきら
〒520-3031 滋賀県栗東市綣二丁目1-28 TEL:077-551-1455 FAX:077-551-2272

PAGETOP