施設データ

ホール関係

大ホール

音楽を主目的としたホールで、音響効果に優れていると言われるシュ-ボックス(靴箱)型をしています。正面 ・左右・天井の音響反射板を収納する可変装置により劇場型として多目的に利用できます。また、前舞台になるオーケストラピット(60名強を収容)を備えています。客席は、約800席。左右にバルコニー席各2列を配しています。もうひとつの大ホールの特徴は、客席からの眺めです。正面の音響反射板を収納すると一面ガラス張りで、カスケード(滝)や樹木が現れます。

客席
810席(1階席682席、バルコニー114席、車イス6席、可動席8席)
残響
1.7秒(残響カーテン閉)~
舞台
間口:13.9~17.7m
奥行:13m
プロセニアム:7~12m
バトン:7本
反響板:常設
スクリーン:常設(13m×4.9m)
照明
メイン卓:松下電工パコリス2・αC(80ch)
サス数:3
回路数:30A×154・20A×24(直)
フェーダー:80本×3段
音響
メイン卓:YAMAHA PM3500-32
ワイヤレス:10波(仮設10波追加可 ※他ホール兼用)
メインSP:Meyer

客席数について

  1階席 バルコニー席 車イス席 可動席
可動席対応時(810席) 682席 114席 6席 8席
全車イス席対応時(808席) 682席 114席 12席  
オーケストラピット対応時(682席) 554席 114席 6席 8席
  • ※本席の最後尾中央にてPA席16席対応可。
  • ※客席後方にボックス席(親子室)10席あり(未防音)。
  • ※客席内での飲食不可。
PAGETOP

中ホール

演劇に適した劇場型のホールです。どの席からでも舞台で演じているひとの表情がよく見えるよう、舞台と客席の距離に考慮しています。 中ホールの特徴は、舞台や袖が広いことです。シンプルな舞台ですが、奥舞台や脇花道などを使って工夫のある演出ができます。もちろん、音楽会にも使っていただけるように、簡易型の音響反射板を備えています。客席は約400席で、船の帆をイメージさせる内装で仕上がっています。

客席
406席(本席392席、車椅子6席、可動席8席)
残響
1.2秒~
舞台
間口:10.8~12.6m
奥行:13m(奥舞台 7.5m)
プロセニアム:7~9m
バトン:9本
反響板:仮設・移動型音響反射板にて対応
スクリーン:常設(9.3m×3.5m)
照明
メイン卓:松下電工パレータスPXα(64ch)
サス数:4
回路数:30A×185・20A×16(直)
フェーダー:64本×3段
音響
メイン卓:YAMAHA PM3500-32
ワイヤレス:10波(仮設10波追加可 ※他ホール兼用)
メインSP:Meyer

客席数について

  本席 車イス席 可動席
可動席対応時(406席) 392席 6席 8席
全車イス席対応時(404席) 392席 12席  
  • ※本席の最後尾中央にてPA席8席対応可。
  • ※客席後方にボックス席(親子室)10席あり(未防音)。
  • ※客席内での飲食不可。
PAGETOP

小ホール

ぐるっとホールを取り巻くギャラリー、電動昇降の照明トラスなどが、大・中ホールとは違う雰囲気を出しています。 149席の可動席のほかに50席の椅子の持ち込みができ、発表会や集会、講演に適しています。また、可動席を収納することで小劇場空間など、多用途に利用できます。いろいろな可能性を持った円形のホールです。

客席
149席~200席
残響
0.8~0.9秒
舞台
間口:10.8m(仮設ステージ使用時)
奥行:4.8m(仮設ステージ使用時)
バトン:4本
反響板:仮設・移動型音響反響板にて対応
スクリーン:移動用 5m×1.9m (最大使用時の大きさ)
照明
メイン卓:松下電工パレータスSX(32ch)
サス数:トラス他
回路数:20A×55・20A×6(直)
フェーダー:32本×2段
音響
メイン卓:YAMAHA M2000-16
ワイヤレス:2波(仮設10波追加可 ※他ホール兼用)
メインSP:APOGEE

客席数について

  本席 車イス席 パイプイス対応
可動席使用時(ロールバック席使用)
149~180席
149席 5席 26席
可動席不使用時(フリースペース)
~200席(最大)
    200席
  • ※PA対応席・ボックス席は無
  • ※可動席を使用しない場合において、客席での飲食可
PAGETOP

楽屋

公演本番を最高の状態で迎えられるよう、様々な人数や用途に対応した楽屋があります。設備等の詳細はお問い合わせください。

PAGETOP

お問い合わせはこちら

施設データ
PAGETOP